Blog

ドアの修復時に思う事

ドアの修復について、書いてみたいと思います。

伊藤リペアーでは室内ドアの修復依頼も多くあります。

どんな内容かというと、「ドアに穴が空いてしまった」というものです。

ドアに穴が空いてしまう主な原因は、

〇物がぶつかった 〇喧嘩などで蹴った。パンチした。が多いようです。

まあ、ほとんどがこの二つのケースに当てはまるでしょう。

建築現場などでは、取っ手 などの部品を取り付ける時に、穴の位置を間違えて開けてしまったというケースもあります。

これらのケースは、意図せずに起きた破損と、故意に起こした破損の二つに分類出来ますが、今回、故意に破損させるケースについて考えてみたいと思います。


誰もが、自分の人生や住空間について快適であるのが理想だとお考えでしょう。そこに何らかの波乱が起きて、つい、身近にあった壁やドアに怒りをぶつけてしまう….


ドアが割れてから「しまった」と後悔する。後悔しなくても、家族の方が、「大変だ。どうしよう。」と慌てだす。「こんな穴を空けてどうするんた!」と叱られるかも知れません。


そんな時は、穴の空いたドアや壁に感謝しましょう。あなたは大変運が良かった。何故なら、誰も病院について調べていないからです。そうです。貴方は怪我をせずにドアを破壊することが出来たのです。大怪我をしていれば、病院が優先ですよね。貴方の怒りはドアが受け止めて壊れてくれたのです。


しかし、運悪く怪我をすることもありますので、次にパンチするときは冷静になってドアの構造についてよく考え、見えない内部構造をよく見極めて強度の弱い場所を狙う必要があります。ちょっと罰当たりな考えですが。


ドアをよく理解して弱点に対してパンチした場合、衝撃を受けたドアの板が壊れて力を解放してくれます。しかし、強度のある “芯材” がある場所にパンチすると、ドアは衝撃に耐えてパンチした本人に力が跳ね返ってきます。結果、ドアは上手く割れず、人が怪我をする危険が高くなるのです。



破損状態の確認時、ひび割れがほぼ水平に走っているケースを見かけることがあります。

ちょっとヒヤッとする場面です。「危なかったな」という感じです。

何が危ないかというと、水平のヒビ割れは、ドア枠の芯材に沿って板が割れた事を意味する場合も多く、少し位置が芯材側にずれてパンチしていたら、木の角材めがけてパンチすることになり、怪我をしてしまう危険が高くなるのです。

いずれにしても、直接パンチしたりキックしたりするのは、怪我の危険性がありますので、止めておきましょう。しかし、起きてしまったことは元に戻せません。お怪我がなければ幸い。軽傷であれば、一日も早いご回復をお祈り致します。ドアについては、自然治癒いたしませんので修復いたします。

皆様が早く快適な生活を取り戻せることを願っております。

ドアの構造について

ドア修復の事について前回、記述しましたので、今回は、ドアの構造についてお話しをしようと思います。

室内ドアの中身はどうなっているの?

ドアに穴が空いて、初めて中が空洞だった事に気付く方も多いのではないでしょうか。

全てのドアが空洞になっている訳ではありませんが、穴が空いた場合はフラッシュ構造という作りになっている

場合が多いと思います。

ドアの板は一枚板で出来ているものは希少で、ほとんどは複数の部材を組み合わせて作られています。

無垢材のドアは、木枠( □ や 日 の形をイメージして下さい。框組み といいます)の真中に、板(鏡板といいます)がはめ込まれているものが多くあります。穴があくことはまずありません。傷は当然つきます。

木製ドアの主流になっているフラッシュ構造は、枠( □ や 日 の形をイメージして下さい)の表裏両面に化粧板を貼り付けて平らな(フラッシュ)ドア板に仕上げたものです。中が空洞なため、衝撃が加わると穴があきます。

空洞部には、補強用のコアといわれる部材が入っている物もあり、コアの種類は形・大きさ 様々です。いずれにしても、

耐衝撃性能を高めるためというよりは、歪み防止の意味合いが大きいため、衝撃により穴があくことがあります。

ハニカム(蜂の巣の形をイメージして下さい)コアが主体になったボードもあります。内部がびっしりとコアで埋め尽くされ、ハニカムボードと呼ばれています。軽くて丈夫です。しかし穴はあきます。

これらの構造で表面に貼られている化粧板は、合板や、木の繊維を板状に固めたMDFという材が使われることも多く、これらの板に、印刷したシートや突き板などが貼られて仕上げられています。

この化粧板が割れてしまうため、「ドアに穴があいた!」という事態になります。

修復時は、この化粧板を相手に色・形の再現をしていきます。損傷部の修復面と、健全な周囲の部分ができるだけ一体化するように接合する必要があり、着色工程以上の時間を掛ける場合もあります。